clione clitiques

Jun 07 2012

同店を運営するのは、銀座に本社を構えるおむすび屋「銀座十石」の和僑商店。

この店は新潟では有数の企業グループに所属していた新潟出身の葉葺正幸社長が、企業内ベンチャーとして地元食材である米を使ったおにぎり屋を立ち上げたもの。


「おむすびの具材に使われる食材を勉強するために新潟の味噌蔵、醤油蔵、酒蔵を訪れました。

そこで出会ったのが糀。


その美味しさや素晴らしさを知り、この店を始めました。

そこでは糀だけを売るのでなく、お客さまに糀について理解してもらうため当店の物づくりや麹の背景を店舗の内装や包装紙、HP などに表現しました」

米の新しい消費の道、伝統食の見直し、古町の再生などさまざまな視点から評価を受けている同社。

「店がモノに備わる文化を伝え、地域の財産ともいえる蔵や技術を持続的に残す役割を担う。

そういう意味で〝企業が社会の再生のために、活躍する時代になった〟」

3 notes

  1. flyingtadpole reblogged this from clione
  2. h-i reblogged this from clione
  3. toshi0104 reblogged this from clione
  4. clione posted this
Page 1 of 1