clione clitiques

Jun 07 2012

昼の部、福山雅治さんから贈られた祝幕が飾られた場内、幕が上がる前から「澤瀉屋!」の声もかかり、いよいよ『小栗栖の長兵衛』が始まりました。揚幕が開いて中車として花道から舞台へ。歌舞伎俳優の一歩を踏み出した瞬間、お客様は万雷の拍手で中車を迎えました。

 続く口上では、猿之助からのユーモアを交えた挨拶に、場内が何度も沸きました。「猿之助を襲名いたしまして嬉しさ100%」と喜びの言葉に続き、「歌舞伎のために命を捨てる覚悟」と力強い宣言も出ました。中車は襲名に「感無量の思い」と感動を表し、「生涯をかけまして精進し、九代目中車を名乗る責任を果たしてまいりたいと存じます」。團子の「猿翁のおじい様よりずっと立派な俳優になることが私の夢でございます」との元気なご挨拶には、一段と大きな拍手が。そして背景の襖が開き、猿翁が登場。この日、一番大きく長い拍手が起こりました。

3 notes

  1. sironekotoro reblogged this from bo-rude
  2. bo-rude reblogged this from clione
  3. clione posted this
Page 1 of 1