clione clitiques

Jun 07 2012
さて、富士通のこうした採用方式の多様化策について、外資系メーカーの元幹部は次のように話す。
「職種別採用を導入したなら、本来は職務給にしなければ意味はない。入り口の間口を広げただけで、従来の“就社”の域を出ていない。本当は職務体系のグランドデザインが必要。富士通社内でしか通用しない人材を増やすだけ。20年前に始めた成果主義が、中途半端なままなのと同じでは」
 この外資企業では、日本と韓国だけ慣行に則り新卒者一括採用をしている。が、採用されるエンジニアには「大学工学部で何を学び」などと能力の要件が細かく定義され等級も決まっている。学生はエンジニアという職業に「就職」し、日本企業のように総合職として会社に「就社」するのとは異なる。応募して定義された要件を満たしても、事業部長からオファーがなければ採用されない。逆に複数の事業部長からオファーが重なった場合、調整するのが人事部の役割となる。また、運動部出身で辛い練習に耐えてきた人、といった人間的な部分では採用されない。採用をはじめ入社後の人事権は部門長が持つ。

1 note

  1. 3tyoru reblogged this from clione
  2. clione posted this
Page 1 of 1