clione clitiques

Jul 20 2014
国民の70%がハマスのロケット射程圏にある事を、各国で当てはめた画像 (via ガザ侵攻、イスラエル・ハマス双方の事情と国民の選択(dragoner) - 個人 - Yahoo!ニュース)

国民の70%がハマスのロケット射程圏にある事を、各国で当てはめた画像 (via ガザ侵攻、イスラエル・ハマス双方の事情と国民の選択(dragoner) - 個人 - Yahoo!ニュース)

3 notes

+
少年3人の誘拐殺人事件の後、イスラエルの極右勢力によって、パレスチナ人少年が拉致・殺害される事件も発生しています。イスラエルとパレスチナ(ハマス含む)の対立は、報復に次ぐ報復という悪循環にハマっており、これから抜け出すのは容易ではないと思われます。どちらか一方を非難するのではなく、イスラエル政権・ハマス双方にとって、怒れる国民・住民に対して逃げ道となるような「顔が立つ」オプションを国際社会が提示することで、双方を交渉のテーブルに着かせる事が重要になってくるのではないでしょうか。

13 notes

+
このように日常的に脅威に晒される環境が、イスラエル国民にどのような影響をもたらしているのでしょうか。世界的な軍事史学者として知られる、イスラエルのマーティン・ファン・クレフェルト氏の言葉にその答えがあります。先日来日したクレフェルト氏は、講演の中で脅威にさらされるイスラエルについて、「政府より国民の方が極端な措置を要求し、報復を求めている。2006年にレバノンを攻撃しなかったら、恐らく政権は倒れていたと思います」と、国内事情を吐露しています(※拙ブログにて、当該講演要旨があります)。実際に今回の軍事行動においても、ハマスと一時停戦した直後にハマスのロケット弾攻撃でイスラエル民間人に1人の死者が出たため、イスラエルのネタニヤフ首相に対して、国内から強い批判の声が上がっていると報道されています。イスラエルの強硬な姿勢も、国民の強い支持を受けた結果の行動なのです。

10 notes

+
“あまちゃん灯台”の前で「じぇ!」。久慈市を盛り上げる女子高生ユニット「あまくらぶ」(手前から岩舘ひろみさん、中野百瑛さん、佐々木紫苑さん、中川沙耶さん、日ノ沢穏さん) (via 【サタデープラス】“リアルあまちゃん”「あまくらぶ」歌って踊って潜っちゃう! : 芸能 : スポーツ報知)

“あまちゃん灯台”の前で「じぇ!」。久慈市を盛り上げる女子高生ユニット「あまくらぶ」(手前から岩舘ひろみさん、中野百瑛さん、佐々木紫苑さん、中川沙耶さん、日ノ沢穏さん) (via 【サタデープラス】“リアルあまちゃん”「あまくらぶ」歌って踊って潜っちゃう! : 芸能 : スポーツ報知)

3 notes

+

朝7時、「あまちゃん」オープニング曲の時報で、軽快に一日が始まる。

 駅前にコンビニがなければ、マクドナルドもスターバックスコーヒーもない“残念な街”だった久慈市が昨年、大ブレーク。通りには今もポスターやシャッターに描かれた「あま絵」がチラホラ。劇中に登場した駅前ビルは昨年、取り壊しが決まったが、市民の反対の声が高まり“白紙”となった。

 そんなドラマの余韻を残す街に「あまくらぶ」は舞い降りた。メンバーは久慈東高3年のリーダー・中川沙耶さん(18)、中野百瑛(もえ)さん(17)、日ノ沢穏(やすき)さん(17)と佐々木紫苑(しおん)さん(17)、岩舘ひろみさん(17)。

 「歌って踊って潜っちゃう~」アイドルだ。メンバーは高校1年の頃から、市観光物産協会が9年前から運営する「高校生海女クラブ」に所属。中野さんは「昨年はウニを270個以上取りました」と胸を張る。

 「あまくらぶ」結成のきっかけは「あまちゃん」だった。引きこもりがちな女子高生が、久慈に来て周囲を元気づける存在となる物語に共感した。中川さんは「地元が好きになりました。東日本大震災(2011年)の時、自分は中学生で何もできなかったけど、今なら自分たちも何かできるんじゃないかと思うようになった」。

5 notes

+

夏祭りにピッタリな「あまちゃん音頭」はNHK連続テレビ小説『あまちゃん』の「あまちゃん オープニングテーマ」を大友良英が音頭にしたもの。原宿駅前などで街の人々が踊るこの愉快なMVは、「アセロラ体操」などを手がけた「珍しいキノコ舞踊団」が振り付けをおこなっている。

『ええじゃないか音頭』には、遠藤ミチロウとマダムギター・長見順が歌う「プロジェクトFUKUSHIMA!」から生まれたアルバム・タイトル曲「ええじゃないか音頭」や、二階堂和美をボーカルに迎えた「地元に帰ろう音頭」など全6曲を収録している。

2 notes

+

演劇って、もう一つの人生を生きているようなものなんですね。

現実の人生は一つしか生きられないけど、演劇というのは、夢みたいなものだから、いろんな人生を生きるわけです。これは俳優にはあんまり言いたくないんだけど、そこでは、羞恥心や自我というものは抑えられて、ミニチュアの世界をもう一個抱えていて、それを作っているようなものなんですね。そこで、自分の自意識も溶ける。

ぼくの場合は俳優をやめちゃったから、演劇をやっているということは、もう一つの人生を密やかに、ミニチュアみたいに作って、そこを生きているというようなことなんじゃないかと思う。

5 notes

+

最初に商業演劇で演出したのは、松本幸四郎さん、当時は市川染五郎さん主演の『ロミオとジュリエット』だったんですが、脇の役者が、台詞は覚えてこない、動きはめちゃくちゃ。スリッパをはいていて、ろくに身支度もしていない。剣の代わりにほうきを持って殺陣の練習をしているわけ。そういう状態の商業演劇で戦うには、「台詞覚えてこい!」「ちゃんと動け!」「サングラスはずせ!」って怒る、そこから始まっているわけです。

―― それまでの新劇やアングラの世界と商業演劇の差は、大きかったんですか。

現実的には大きかったんですね。ぼくは商業演劇に行ってはじめて、演出家に椅子が用意されていて、コーヒーが出てくることに感動する。「コーヒーが出るんだ!」って。

―― それまではどうなさってたんですか?

劇団ではお茶も飲んでない。水道の水を自分でくんで飲んで、稽古していたのに、商業演劇に行ったら、菊田一夫[*21]さんが座った椅子とか、そういうのがあるわけですね。もちろん机もあるし、黙っていてもコーヒーが出てきたり、お茶が出てきたりするわけです。もうそれは、夢みたい。

4 notes

Jul 19 2014
ぼくなんかは、今だって、俳優に「そういう生活スタイルじゃダメだ」とか言いますよ。藤原(竜也)くんがテレビでインタビューを受けているのを見て、「あの受け答えはなんだ」と言ったり。小栗(旬)に対してでも、そうですよ。「あんな仏頂面して出るんだったらテレビに出るな。なんでわれわれ視聴者が、小栗が不愉快な顔をしてインタビューに臨むのを見せられなきゃいけないんだ」と。だったら出なきゃいい。出るからには最低線の愛想のよさを持て。つまり、「社交」をやれということです。稽古場に入ってくるときも、「笑って『おはようございます!』と言って入ってこいよ」と。小栗は最初恥ずかしいと言ったけど、「そういうことを言ってられない、集団でやってるんだから、笑って入ってこい」と言いました。

8 notes

Jul 18 2014

今回、SIAがガイドラインを改定し、IHCとは異なる基準で違法・有害情報の通報窓口をスタートさせた。

違法情報としては「猥褻」「薬物」「振込詐欺」「不正アクセス」の関連法令で禁止されている行為、有害情報としては「違法行為を直接的かつ明示的に請負・仲介・誘引等する情報」(拳銃譲渡、爆発物製造、児童ポルノ提供、公文書偽造、殺人・障害・脅迫・恐喝、偽造通貨交付、臓器売買、人身売買、自殺関与・硫化水素ガス製造、痴漢、不正アクセス)や「人を自殺に誘引・勧誘する情報」(自殺場所・同期・方法等を示す表現、自殺募集)など、IHCが取り扱っている違法・有害情報の通報も受け付けるが、これに加え、IHCの取り扱い対象外とっている違法・有害情報もカバーする。

 具体的には、SafeLineでは立場の弱い個人への権利侵害などへの対応を中心に活動すると説明。「児童のいじめに関する画像等」と「リベンジポルノに関する画像等」を違法情報に含めている。

 また、有害情報として「児童を対象としたいじめ行為の勧誘・誘引情報」や「脱法ハーブ等の販売・譲渡」を追加しており、これらに該当するものもプロバイダーに対して閲覧制限措置などの自主的対応を要請していく。

3 notes

Page 2 of 3699 Newer entries →