clione clitiques

Jul 22 2014

舞台は鎌倉。家庭に複雑な事情を抱え、一軒家に4人で住む香田姉妹が、四者四様、一筋縄じゃいかない恋をしながらも、美しく豊壌な人生を築き上げてゆく。物語は丁寧に温かく紡がれ、その家族のあり方を応援したくなる。

とはいえ、注意しておきたいのは、ここで語られる家族が、登場するほかの家族や地域社会と密接に結びついた家族であるということだ。地域を巻き込みながら、お互いにつながりあう、大家族を思わせるどこかなつかしい風景が、そこには描かれている。

1 note

+

しかし、サラリーマン家庭は嫌だから大家族というのでは、単なる懐古主義ではないか。『海街diary』がそうした穴に陥らないのは、地域社会を強調しながらも、そこに描かれる大家族的なあり方が、旧来的な大家族のあり方とは実は違っているからだ。

ここで語られる家族において、親子などのような公式的な関係は希薄だ。『海街diary』の主人公・香田四姉妹も、旧来的な意味では大家族というわけじゃない。それが人との縁をつないでゆくことで新たな大家族にかたちを変えてゆく。家や、梅の木や、そして鎌倉という地の地霊を媒介して、単なる墨守とはまったく違う、新しいかたちのコミュニティが、しだいに形成されてゆくのだ。

Jul 21 2014

──「DISPLAY」のPVは4K解像度で撮影されたことで話題になりましたね。4Kだと普段と違った大変さはあるんですか?

のっち めっちゃまぶしいし、めっちゃ暑かったです。

あ~ちゃん ちょーまぶしい。あれ伝わってないよね。よく見たらわかるんですけど、みんなまぶしい顔してるんですよ。「切ない表情」みたいに受け取られてるかもですけど(笑)。

のっち 赤い衣装と青い衣装はまだマシなんだけど、黄色い衣装が反射して一番大変だった。

あ~ちゃん 私、目の色素が薄いから本当にまぶしいのダメなんですよ。最初のうちはがんばって目を開けてたんですけど、最後のほうは全部うつむいてます。上を向いているときは、気持ちよく歌ってるふうに目をつぶる、みたいな(笑)。

かしゆか 上は向けないよね? 天井の照明がすごく強くて。なのにそういうときに限ってカメラが上に来るっていう(笑)。

あ~ちゃん 関さんも意地悪だよねえ(笑)。

──何度も同じ動きをしなければいけないのも大変そう。

かしゆか 同じ角度、同じ高さ、同じ顔にするっていうのは大変でした。ポーズを決めるだけだったらまだ楽なんですけど、ダンスだとちょっとした力の入れ具合の違いで、絵がうまく重ならないんです。しかも衣装も3着あるから、同じように同じタイミングで動くのは難しかったです。

──そうですよね。

かしゆか ヒールの角度も考えなきゃいけないし。あと「はいそこ! ストップ!」って言われても、止まったつもりが無意識に動いてたりとか。

あ~ちゃん すごい筋肉痛になりました。止まってるってすごく筋肉使うんですね。そんなに難しいポーズをしてるわけじゃないけど、あとで「うわ、このポーズしなければよかったー!」ってね。

かしゆか 1回目に撮ったときニュアンスでやったポーズを、2回目にすごい後悔するっていう。「あー! 歌うときに首動かすんじゃなかった! さっきはどうやって動かしたんだー!」って(笑)。

10 notes

+

あ~ちゃん そうですね。新曲が4曲だと、今のPerfumeも見せられるし、昔の曲もやれるからちょうどいいんじゃないかなって思って。アルバムを引っさげてのツアーだとやることが多すぎて、できない曲も多くなっちゃうんです。そういうことも踏まえてこれくらいのボリュームにしました。

のっち シングルでツアーを回るのって初めてなんで楽しみですね。今までのツアーと比べて、すごくユルいっていうか、けっこう余白があるんで。それに最近は「Perfume 3rd Tour『JPN』」「Perfume 4th Tour in DOME『LEVEL3』」みたいなまっすぐなタイトルが多かったけど、今回はSHIBUYA-AXでやった「ソックス フィックス マックス」みたいにタイトルもユルいし(笑)。

2 notes

+

■ヤフー:過剰な同意取得は、利用者の同意に対する理解を低下させるだけであるため、コンテキストに沿った位置情報の取得・利用・第三者提供について同意を不要とすることを、例外ではなくむしろ原則として据えるべきである。   ■総務省:位置情報の高いプライバシー性に鑑みれば、原則として、位置情報の取扱いについては個別かつ明確に同意を取得することが必要であり、個別かつ明確に同意を取得することは過剰な同意取得には当たらないと考えます。
——————————
出典:「位置情報プライバシーレポート」(案) に対して提出された御意見及びそれらに対する考え方

【意訳】

ヤフー「同意不要の方法は例外にするといちいち面倒だから、運用の原則として承認してくれねえかな」

総務省「何度も同じこと言わせんな。一件一件同意得ろっつってんだろクズ」

【解説】

さらに議論を進めるヤフーに対して、総務省側が必殺「位置情報の高いプライバシー性に鑑みれば」3回目を含むまさかのコピペ返し。運用の例外とした場合には例外に合致するようなサービスの構成や使用を念頭に置かなければならないため規約変更や承認手続き等の運用コストが極大化することを懸念するヤフーに対し、手ごろなところに来たフォークボールばりにコピペ操作でヤフーの主張を真っ二つにする総務省の細やかな心配りに頭が下がる思いです。

8 notes

+

少し形勢が悪い感じのヤフーですが、一個一個つぶさに見ますといろいろな想いが去来するところでありまして、総務省の反応と共に意訳と解説を記しながらポイントを皆さんと一緒に考えてまいりたいと存じます。
———————-
■ヤフー:本レポートは、電気通信事業者が、電気通信事業の提供にあたって取得する位置情報について取りまとめたものであり、電気通信事業者であっても、電気通信事業に該当しないサービスにおいて取得、利用し、または第三者提供する場合については、本レポートの射程範囲外であると理解する。     ■総務省:位置情報の高いプライバシー性に鑑みれば、電気通信事業者が電気通信事業に該当しないサービスを行う際に位置情報を取り扱うに当たっても、本報告書案の趣旨に沿って適切に取り扱うことが適当であると考えます。
———————-
出典:「位置情報プライバシーレポート」(案) に対して提出された御意見及びそれらに対する考え方

【意訳】

ヤフー「今回のネタは第三者にデータ売ることとは関係ないよな?」

総務省「そんなわけあるか馬鹿」

【解説】

ゴング開始と共に軽いジャブを打ってきたヤフーに対して、真っ向から全否定するフルスイングで迎え撃つ総務省。「位置情報の高いプライバシー性に鑑みれば」という言葉の重みが、ヤフーの提起した「電気通信事業に該当しないサービスにおいて取得、利用し、または第三者提供する場合」という前提を木っ端微塵にしているところが素敵です。もうこの時点で、ヤフーの意見書の前提が総崩れで大変なことに。頑張れ、立ち上がれヤフー。

6 notes

+
日本を一周するぐらいあちこちを歩いていると、一所懸命、村おこし、町おこしをしている市町村はあるんです。でも、何年か経ってもう一度行ってみると、たいがい失敗している。この失敗には必ず共通点があって、だいたい規模の計算でつまずくんです。大都市圏から観光客を呼ぼうとして、やたらと大きな祭りやイベントをやってしまう。何万人とか、何十万人という来場者を見込んで、それでも最初の年は張り切っているから、意外に人が集まってしまう。ところが、観光客は1回か2回来て、それでおしまい。リピート率なんてたいしたことはない。近隣の市町村からのお客さんは比較的定着してくれますが、東京や大阪の観光客なんて気まぐれだけで生きているような人たちですから、「1回行けばもういいや」と、平気で切り捨てます。でも、主催者は大きな規模で考えているから、なかなか小さくすることができない。この悪循環を10数年間、あるいはもっと、日本中の小さい町や村が繰り返して、失敗してきた。祭りやイベントだけではなく、釣堀にしろ、ホテルにしろ、スキー場にしろ、規模についての議論は必要となってくる。その点ここは、ちょうどいい規模だと思うんです。

38 notes

+
米原 最近、私が腹が立っていることに、お役人の横柄さがあるんです。ほとんど仕事をしないくせに、すごく威張っているじゃないですか。そういう役人のイメージが、この本を読むとひっくり返る。村のために、骨身も惜しまず働いていく。それが、とても幸せそうなんです。もうひとつ感心したことは、いま日本国内でも、世界中でも、原料を生産するところがいちばん貧しいんです。原料を加工する先進工業国が豊かで、そのうえで成り立つサービス部門やサービス業がいちばん儲かるようになっている。でも、黒川村は、それらをすべて村のなかでできるようにしてしまった。原料生産=第1次産業、原料加工=第2次産業、サービス産業=第3次産業、こうしたかたちで直接、消費者へと届けていく。これがあるからこそ、自立できる。生命力の強さを感じますね。

1 note

Jul 20 2014

私は企業に出向いて産業カウンセリングを行っています。うつを発病し、休職した方との面談の中で、クライアントさんがこう言いました。

「私はこれまでうつ病になって休んでいる人と何回か同じ部署になったことがあります。正直、鬱なんてのは全くの嘘だと思っていました。あいつは根性ないからサボっているだけだ。同じ給料もらってると思うと腹が立つ、と同僚と陰口をたたいていました。しかし、今自分が鬱になってみて、ようやくこれが努力や根性でなんとかなるような、そういったたぐいのものではないんだということが分かりました。」

私は個人的興味から、「正直に言って頂いてありがとうございます。参考までに、今のあなたが、以前のあなたに会ったとして、何をどうやって伝えれば、うつ病というものを判ってもらえると思いますか?」と尋ねました。

クライアントさんは、うーん・・・としばらく考えて、「いや、・・・・無理だと思います。これはなってみないと分からないですね。」と言ってくれました。

なってみないと分からない。それは一つの真理です。しかし我々を人間たらしめているものは、なったこともないものを思う力、つまり想像力です。

想像してみて下さい。毎日起きて、家族に挨拶し、着替え、朝ごはんを食べ、職場に行き、同僚に挨拶し、仕事をする。そんな当たり前のことが、何一つできなくなる日のことを。

そして、自分が当たり前に振る舞えない理由が全くわからなければ、どんな気持ちがするかを。

234 notes

+
国民の70%がハマスのロケット射程圏にある事を、各国で当てはめた画像 (via ガザ侵攻、イスラエル・ハマス双方の事情と国民の選択(dragoner) - 個人 - Yahoo!ニュース)

国民の70%がハマスのロケット射程圏にある事を、各国で当てはめた画像 (via ガザ侵攻、イスラエル・ハマス双方の事情と国民の選択(dragoner) - 個人 - Yahoo!ニュース)

3 notes

Page 1 of 3699